会津に春を告げる蕗の薹

2022年3月29日料理,悠ゆ亭春の食

蕗の薹

今朝の散歩で見つけた蕗の薹です。
ようやく会津の地にも春の訪れを感じさせてくれました。
裏の山道まで足を伸ばして30個程度をゲットしてきました。

実は蕗の薹には、オスとメスがあり、その味がちょっと違っています。
オスは丸く黄色い花をつけ、苦味があります。
メスは細長く白い花をつけ、あまり苦くありません。
同じ株には同じ性別の花しかつけません。
同じ場所のフキノトウを取ってくると苦いオスばかりだったり、
あまり苦味のないメスだけだったりします。
個人的にはオスの苦味が春の息吹を感じさせてくれるので、
苦いオスが好みです。

(オスのフキノトウ、花が丸く黄色い)

オスのフキノトウ
オス

(メスのフキノトウ、花が縦長で白い)

フキノトウ
メスのフキノトウ

採取してきたフキノトウは、オスメス半々位でした。
早速、大好きなふき味噌を作りました。
ふき味噌悠ゆ亭のふき味噌は少し甘めで苦いです。
子供の頃に食べたおふくろのふき味噌にどうして似てしまいます。
明日からのお客様のご朝食にお出しします。