猪苗代に遅い春が来て、厄介な土筆の坊主も生えてきた!!

,磐梯山

つくし

春の訪れのともに、ツクシの坊主も一斉に生えてきました。

土筆は、スギナという繁殖力の非常に強い雑草の胞子茎で、

ツクシの頭から胞子を撒き散らして繁殖していきます。

胞子は拡散し、地下茎を張り巡らして栄養茎である芽(スギナ)を出してきて、

除草剤でもなかなか駆除できません。

とってもとっても新たなスギナが芽を出してきます。

苔庭を目指す我、悠ゆ亭にとっても大敵です。

ちょっと油断をすると庭はスギナの森になっていきます。

春の訪れは、これから半年間のスギナと苦闘の始まりでもあります。

 

子供の頃は、可愛いと思い、近所の子供達と沢山籠に集めた土筆も、

今や憎き天敵です。